各位

2012年5月2日
株式会社産経デジタル

産経新聞iPhone版 / 産経新聞HD / 産経新聞Android版
スマートデバイス向けアプリ広告が「アイキャッチリンク」対応に
リンク領域が点滅してわかりやすく

 株式会社産経デジタル(代表取締役・近藤哲司)は、新聞紙面がそのままの体裁で読める電子新聞アプリケーション「産経新聞」に、広告スペースのリンクボタンが光る「アイキャッチリン ク」機能を、5月21日から搭載します。

 アイキャッチリンクは、ページを表示してから約2秒間、紙面イメージや広告枠内のリンク領域が3回点滅するもので、ページが表示された際にどこがタップできる領域なのかを瞬時に把握できます。このため広告の視認性が向上、より高い広告効果が期待できます。

 米アップル社製高機能携帯電話iPhone及び米Google社製Android OS搭載の同電話で提供している「産経新聞」が対象。同日リリースされる最新バージョンへのアップデートが必要です。

 なお、米アップル社製タブレット型多機能端末iPadで提供している「産経新聞HD」では、同機能搭載バージョンを先行リリースする予定です。


広告商品の詳細はこちらよりメディアシートをダウンロード下さい。
http://www.sankei-digital.co.jp/advertising/index.html

本件に関するお問い合わせ先
株式会社産経デジタル営業本部営業1部
03-3243-8419
http://www.facebook.com/Sankeidigital