2020年 新年のごあいさつ

新年、明けましておめでとうございます。
皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。また、旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

昨年を少し振り返りますと、消費税の増税や日韓関係の悪化があり、自然災害等も多く発生するなど激動の年となりました。一方で、天皇陛下のご即位やラグビーワールドカップ日本代表の活躍などを通して、国民が「ONE TEAM」になる瞬間を感じた一年であったと思います。
弊社においても、常に環境の変化にアンテナを張り、いかなる変化に対しても、社員が一丸となって対応できた一年になったと自負しております。

今年は十二支の子年にあたり、「増える」という意味合いがあります。植物に例えると成長に向かって種子が膨らみ始め、未来への大いなる可能性を感じさせる時期です。
これまで掲げてきました「お客様第一主義」という基本理念を徹頭徹尾貫き、お客様満足度のさらなる向上を目指します。お客様とのご縁を大切にして、より一層の成長ができればと考えております。

本年もご期待にかなうよう努力する所存です。より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のごあいさつとさせていただきます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

令和二年 元日
産経デジタル 代表取締役社長
宇田川 尊志