【PRESS RELEASE】Game Wellness Project ゲームプレイ時における脳活性状態とパフォーマンスの検証

ゲームプレイから平均15分後にZONE(極集中状態)タイムへ突入
一方、平均2時間後から集中(注意力)がダウンする傾向に
マルチプレイ(複数人プレイ)はストレス解消や気分転換に効果的

ゲームを通じた豊かなライフを実現するため、産経デジタルなど5社共同でゲームを様々なアプローチで検証するプロジェクト『Game Wellness Project(ゲーム・ウェルネス・プロジェクト)』では、「Stay Home」時におけるウェルネスライフをより豊かなものにして頂く為、鹿屋体育大学・萩原悟一研究室による協力のもと、様々なアプローチでゲームプレイ時におけるプレイヤーの脳活性やパフォーマンス状態を検証しました。

昨今、コロナウィルス感染対策の手段として「ゲーム」への注目が集まっています。WHO(世界保健機構)が推奨する感染対策(こまめな手洗いを行う、他の人との物理的距離を取るなど)を広めるために、世界中のゲーム関連企業がWHOと共同で「#Play Apart Together」キャンペーンを開始するなど、ゲームが社会に貢献を果たしています。

調査結果サマリー

【検証1】ゲームプレイ時間から見たプレイヤーの脳活性とパフォーマンス状態について
・ゲームプレイから平均15分後にZONE(極集中状態)へ突入する結果に→ゲームプレイスタートから平均10分程度はウォームアップ時間
・ゲームプレイから平均2時間後に集中(注意力)がダウンする結果に→1回のゲームプレイ総時間は2時間以内がベスト

【検証2】シングルプレイとマルチプレイに見られる「集中」と「リラックス」の関係について
・シングルプレイ(1名)でプレイすると、集中(注意力)がアップする結果に→落ち着かない時や没頭したいときは1名プレイがおすすめ
・マルチプレイ(複数)でプレイすると、集中(注意力)はダウンし、リラックスがアップ→気分転換したい時やストレス解消したい時は友達とのプレイがおすすめ

【検証3】ゲームジャンルごとで得られる効果について
・カーレースゲームは、複数の課題を同時に遂行する能力(実行機能)が研ぎ澄まされ、反応力が早くなる傾向に
・リズムゲーム(音楽系)は、手と目の協応動作による集中力(注意力)アップと音楽によるリラックス度アップでZONEが高まる傾向に
・サッカーゲームは、予測能力と俯瞰力がアップし、状況判断能力が高まる傾向に

より詳しい検証結果はこちらのPRESS RELEASEをご覧ください。
【PRESS RELEASE】Game Wellness Project ゲームプレイ時における脳活性状態とパフォーマンスの検証


Game Wellness Project (ゲーム・ウェルネス・プロジェクト)とは
近年、eスポーツの人気により、国内におけるゲームへの興味関心がさらに高まりを見せています。若年層の「なりたい職業ランキング」ではゲーム制作関連やeスポーツプレイヤーが上位にランクインするなど、若年層におけるゲームの存在が非常に高まっているほか、全国各地でゲームイベントの開催やeスポーツ専用のスタジオ・会場が次々とオープンしています。
ゲームプレイヤーのプレイ時のパフォーマンスを様々なアプローチで検証し、ポジティブ、ネガティブ両側面を可視化する事でゲームを活用したより豊かなウェルネスライフが創出できると考え、今年2月に鹿屋体育大学萩原悟一研究室による監修のもと、株式会社ゲームエイジ総研、株式会社産経デジタル、日本ユニシス株式会社、ヒューマンアカデミー株式会社をはじめとした計5社で本プロジェクト設立へと至りました。

株式会社産経デジタル
2005年11月設立。2006年2月、産経新聞社のデジタルメディア局を統合し、事業会社へ移行。産経新聞グループ各媒体、ポータルサイトやモバイル端末などへのニュースコンテンツ配信を手がける。また全世界30エディションで展開される世界的なゲームメディア「IGN」グループの日本版「IGN JAPAN」を運営しているほか、様々な企業のeスポーツシーン参画のコンサルティング業務を行っている。

 


PRESS CONTACT
株式会社産経デジタル ビジネスデザイン部 野々村・竹島
ml.lmt@sankei.co.jp / 03-3243-9853

【PRESS RELEASE】Game Wellness Project ゲームプレイ時における脳活性状態とパフォーマンスの検証