知的財産権ポリシー

株式会社産経デジタル(以下産経デジタル)は、知的財産権保護の重要性にかんがみ、著作権保護等知的財産権の取り扱いに関し、次のとおり取り組みます。

著作権について

産経新聞社、日本工業新聞社、産経デジタルは第三者の知的財産権を尊重し、利用者も同様に、この権利を尊重するとみなします。
産経デジタルが運営するサイトにおけるコンテンツの著作権は産経新聞社、日本工業新聞社、産経デジタルまたは情報提供者に帰属します。
コンテンツとは記事や写真、動画、図版、音声等に対して利用者が投稿したコメントなどをさします。私どものコンテンツが必要な場合は事前にご連絡ください。記事の転載などのご希望に対し「記事使用申請」で許諾及び契約などご相談に応じております。
 承諾なしに、ホームページや携帯電話サイトなどにコンテンツを転載したり、クリッピングなどに利用することは「著作権法違反」にあたります。なお、産経新聞社、日本工業新聞社、産経デジタルは見出しについても、著作物としての創作性があり、本来、著作権があると考えます。 承諾なしに使用できる代表的なケースは、個人的または家庭内など限られた範囲での私的使用や、学校内の授業で教材などに使用する場合です。ただし、大学などが開設しているホームページに転載されれば、限られた範囲の研究のためであったとしても、国内外を問わずどこからでも転載された内容を見ることができますので、私的使用の範囲を超えると考えられます。

  1. 引用する必然性がある
  2. 質量とも自分の書いた記事が「主」で、引用の部分が「従」である
  3. 引用部分を必要最小限の分量にとどめる
  4. 「著作者人格権」を侵害しないように、著者に不本意な改変をしない
  5. 引用部分をカギかっこで囲むなどして自分が書いた文章などと明確に区別する
  6. 引用した出所を明確にする

の条件遵守をお願いします。

この範囲を超えて著作物を利用すると「無断転載」と判断され、著作権者の許諾が必要になります。
産経デジタルが提供する「ブログ」、「イザ語」などで利用者が生成するコンテンツなどの著作権については、各サービスのガイドラインに定めています。

リンクについて

 産経デジタルが運営するサイト(以下当社サイト)へのリンクは原則として自由です。ただし、営利目的▽そのリンクによって、産経デジタル側の社会的信用が損なわれる▽経済的損失が生じる▽記事内容や編集意図が損なわれる――などの場合は、リンクをお断りすることがありますので、産経デジタルにお問い合わせください。 当社サイト内のリンク先のページは、予告なく変更または削除することがあり、リンク切れとなることがありますので、ご了承ください。
また、リンクの際は当該箇所に当社サイトへのリンクであることがわかるような表示をしてください。記事の見出しからリンクする場合も同様ですが、当社の著作物を使用することに該当し著作権法に違反する可能性があります。
ただし当社ブログサービス内でのリンクの場合はこの限りではなく、本ブログサービスの表示方法を優先します。

このほか

  1. 産経デジタルとの契約をしているなど特別な場合を除き、当社サイトにリンクすること自体を利用して、商品及びサービスを販売したり、広告を募集するなどといった営業や営利目的の使用は禁止します。
  2. 当社サイト側の著作権を侵害するリンクは承諾しません。
  3. 当社サイト以外のサイトにフレーム(囲み)を設け、その中に当社サイトのコンテンツの一部または全部を取り込んでオリジナル画面であるかのように見せるリンク、当社サイト以外のページの一部として表示されるリンクはお断りします。
  4. 当社以外のサイトの独自コンテンツのように見えるなど、当社サイトとのリンクではないような誤認をさせるリンクは承諾できません。
  5. リンクによって損害が発生したり、問題が生じるなどしても、リンクした当事者の責任で対応してください。
  6. リンクによって、産経デジタル側が被害を受けた場合は産経デジタル側から損害賠償などを請求することがあります。
  7. 産経デジタル側が自社の権利を侵害されると判断した場合は、リンクを承諾しないことがあります。
  8. 産経デジタルと個別の契約を結んでいない業者が自社のサービス内でリンクを活用する場合、または契約を結んでいても当該契約内容を逸脱するリンクの行使は、原則自由としたリンクの対象になりません。

トムソン・ロイターが提供している株式、為替のデータについては、掲載に万全を期していますが、ネットワークやシステムのトラブルなどにより完全でない場合があり、産経デジタルがその内容を保証するものではありません。この情報に基づき万一、損害を被ったとしても、産経デジタルは一切の責任を負いかねますので、御了承ください。また「日経平均株価」の著作権は日本経済新聞社に帰属しています。